読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コトダマ

言霊は力になる。

KAT-TUNを好きになったのは…。

こんばんは。


どうしても自分の思いを文字に起こしてみたくなり、ブログを始めてみました。


10Ks! DVDを一巡したところで決意。


DVDの感想も書きたいとは思いますが、私が10Ks!のライブが終わってからずっと思っていた(KAT-TUNを好きになった経緯をどなたかに聞いてほしい!)を、まずは形にしたいと思います。


今日の内容はざっくり

1.私のKAT-TUNへの興味は4人になった時から始まった。

2.4人に揺れる心。そしてFC入会。

3.10Ks! 5月1日。

です。

よし、ざっくりわかったよ!という方は、ここまで読んでいただき、ありがとうございました。





さて、私は今でも自分がKAT-TUNファンになったことに驚きます。今でこそ、ライブにも行けて、Twitterでたくさんのハイフンさんとつながらせていただいて、沼堕ちは必然だったと思えますが、それでも結構ドキドキしながらの数年間です。


始まりは、ワイドショーでの亀梨くんの謝罪の男気でした。当時私は、KAT-TUNは亀梨くんしか知らないような、芸能には全て疎い人でした。

でも、この時の亀梨くんの目に、言葉に、強く心を惹かれました。


でも、気になった、という程度でした。相変わらずの疎さでした。

次にきっかけになったのは、2013-2014のカウコンの特集を「シューイチ」でやっていた時でした。

衝撃的な映像美でした。そして、この空間を作り出す裏側がたくさん盛り込まれていました。(この空間を生で味わってみたい)と思いました。ライブ経験は皆無に等しい私が。


ちょっとずつ、KAT-TUNへの興味が膨らみ始めました。

次にきっかけになったのは、田口くんでした。

ドラマ「今日は会社休みます」を、面白そうだなと見始めたら、KAT-TUNだった!!

…すみません、本当に当時はそんなレベルなんです。でも、ドラマも決まったものしか見なかったのに、このドラマを見たいと思ったのはきっと運命でしょう。


歌番組が気になりだしました。KAT-TUNが出るものは毎回見るようになりました。かっこいい。

でも、ネットにも疎い私は、BSを見られる環境にありながら、少プレの存在を知ったのは2015年になってからでした。残念すぎる。


CDすらほとんど買ったことがない私が、ある時TSUTAYAに行き、(あ、そういえばKAT-TUN)くらいのノリで探したら、そこにあったのはカウコンDVDしかも限定盤。こんな田舎のTSUTAYAに一個だけ。「買うしかない!!」即購入。もう運命です。


もちろんハマりました。

ここでハマったのは上田くんでした。

ちょっと怖いな。でもすごくかっこいいな。そして「前へ進め!」と歌うあの笑顔。

FC入会の振込用紙には、入会が何か月も遅れるほど悩んだけれど、上田くんの名前を書きました。


会報が届き、ブロガーさんの情報から少プレも見られるようになって、順調なファンスタートでした。毎週欠かさずシューイチも見るようになり、朝から中丸くんにほっこりさせてもらえるようになりました。


そんな矢先のトラウマレッドでした。

あの頃のことは、ほとんど覚えていません。

当時、唯一ハイフンになったことを報告していた友人に職場で突っ込まれ、涙目になったことは覚えています。


でも、彼らが決めたこと。信じてついていく。


KAT-TUNに会いたい!!!

そして、ライブ申し込み。

ありがたいことに5月1日が当選しました。

やっと会えました。そして一緒に戦うことを誓いました。




今日は、ここまで。

長文を読んでくださった皆様、ありがとうございました。

書けて満足です!